Blog

ブログ 

【鳥取旅】1泊2日旅行計画 東方面入り おススメコース

目次

1泊2日の【鳥取旅】ネイチャーにもスピリチュアルにも楽しみたい

出発地が鳥取県より東なら
初日は「鳥取砂丘」と「砂丘美術館」スタートがおススメ

鳥取駅、鳥取コナン空港、鳥取インターからアクセス
JRでもAIRでも車でも

鳥取の旅にはレンタカーも乗り捨てができて便利

観光できる砂丘として最大級の「鳥取砂丘」
日差しの強い真夏はフライパンの上状態なのでご注意を
ただラクダに乗って歩く事も出来ます

砂丘美術館は期間ごとにテーマが変わり
まさにスケール含め砂のアートは必見

砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍している
「茶圓勝彦」氏が総合プロデュース

海外各国から砂像彫刻家を招き、毎年世界最高レベルの砂像が展示されています

どちらも百聞は一見に如かず

砂丘美術館~世界初「砂」を素材にした彫刻作品を展示~

第14期展示は
砂で界旅行/エジプト編

1922年 1月4日にイギリスの考古学者ハワード・カーターによって
ツタンカーメン王の墓が発掘

今年(2022年)の11月4日で発見から100年

「ツタンカーメン王の墓の発掘」を表現されています

人のサイズを見るとスケール感も分かりますよね

初日は「鳥取砂丘」を堪能したら夜は三朝温泉へ

翌日のメニューで宿泊先は決めたい

1時間半までの移動距離なら
鳥取県中部の「三朝温泉=みささ」がおススメ

三朝温泉、三佛寺三徳山(国宝「投入堂」)は「日本遺産」登録を受けています

川にも温泉が湧き
川沿いに風情あふれる木造の温泉旅館はじめ
大型の高級旅館まで

「キュリー夫人」の愛称で知られている、化学者マリ・キュリー
三朝温泉街にキュリー広場やキュリー夫人の胸像があるのをご存じ?

理由はキュリー夫人と夫・ピエール・キュリーが「ラジウム」を発見したから

ラジウムは分解されると「ラドン」という弱い放射線が生じます
ラドンを身体に浴びると、放射線が細胞を刺激して、新陳代謝や免疫力が上がるそう
そんな健康促進に効果のあるラドンを多く含むのが、「ラジウム温泉」

三朝の町民のガン死亡率は全国平均の1/2とも

三朝温泉は1916年にラジウム含有量が世界一であると発表され
一躍温泉地として有名に

三朝温泉の繁栄にラジウムは欠かせません
そこでキュリー夫妻の偉業を称えて広場が設けられ、胸像が置かれました

毎年8月頃には、キュリー夫妻の遺徳をしのぶ「キュリー祭り」が開催されます

三朝は「みささ」と読み、三度朝を迎えられるとも言われるヘルシーな温泉
ホルミシス効果も期待され
飲んで、浸って、吸って良しの「薬湯」だそう

三朝温泉で爽やかな朝を迎えたら、いざ、西部の「日本遺産/大山寺」へ

日本百名山「大山」でもネイチャーでもスピリチュアル体験はお任せあれ

森の案内人とブナ林を散策するもよし
大神山奥宮まで神秘的に歩くもよし

ランチは山楽荘さんの「精進料理」
エスプリドラフォレの創作フレンチ
(予約をおススメ)
パンケーキが人気のMont.Cafe'などなど

〆は「酸化還元水」のお湯で人気の日帰り温泉
「豪円湯院」もおススメ

自然の中「私の時間」を過ごし
自分に気づく旅のお土産をもって
帰途につきます

大山寺周辺からの帰りのアクセスは
乗用車かレンタカー利用をおススメします

米子ICまでは約15分
米子駅までは約30分
米子鬼太郎空港までは約40分

思い出残る旅の終わりのためにも
どうぞお気をつけて

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >【鳥取旅】1泊2日旅行計画 東方面入り おススメコース